家族連れの沖縄旅行にお勧めの観光・ホテル

いざ沖縄へ準備開始♪

オシャレ水着を新調♪ 可愛い子ども用! パパのも新調! オシャレなサンダル♪
もうケースの準備はできましたか?

お子様連れにお勧めの観光スポット

沖縄を観光していて気づいた事の一つとして、あれやこれやと観光するタイトスケジュールでは子連れの場合は特に失敗するということ。

 

子供の気持ちを考えて、ここならちょっとの時間で済むだろうなんて思っていても、子供って意外なところに食いつくので予定外の時間を意外な場所で取られたりして、せかせかと観光せざるを得なくなったりします。

 

そのため当たり前かもしれませんが、沖縄に限らず子連れでの旅行は特にスケジュールにゆとりを持って行動する事が大切です。せっかく行くのだからあそこにも、ここにも行ってみたいという気持ちもわかるのですが、いろいろ行ってみて満足するのって子供ではなく大人の方だと思います。

 

訪れた観光スポットで子供たちが楽しいことをみつけたら、それを存分にやらせてあげるのが子供にとって一番だと思いますからね。

 

ちなみに我が家では、リゾートホテル1泊の場合は1日目に食べたいものをちょこちょことつまみ食いをしながらホテルに向かい、チェックインできる14:00にはホテルに到着。ホテルで海なりプールなり、他の施設なりを存分に楽しむようにしています。1日目は観光よりもホテルのチェックインの早さを優先していますね。せっかくリゾートホテルに泊まるのに遅いチェックインでは意味ないと思っていますので。

 

2日目は観光する場所を1つ決めてそこをメインにし、そこだけで終わってしまってもよし、時間が余ればもう1か所立ち寄ってみるくらいの気持ちでスケジュールを立てています。

 

そんな我が家が今までに行った観光スポットで、お子様連れにお勧めのスポットを紹介しますので、ぜひ足を運んでみてください。

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館 沖縄観光

 

沖縄の観光スポットを代表する『沖縄美ら海水族館』。
沖縄に行ったら一度は絶対に行きたい観光スポットです。我が家では子供が生まれる度に行っているので3回行きましたが、また行きたい観光スポットです。

 

館内はとても広く、大きな水槽は沖縄の海の中を覗いているような感覚に陥るほど。ジンベエザメの雄大な姿を目の前で見れるとあって、子供たちの喜ぶ顔が広がります。もちろん大人にもお勧めです。

 

ただ那覇空港から、車で約2時間(高速道路利用)、バス(高速バス使用)で約3時間と遠いのが難点ですね。

ビオスの丘

沖縄 観光 ビオスの丘

 

沖縄の大自然を楽しめる『ビオスの丘』。
沖縄の海リゾートからは一転して、亜熱帯の森を楽しみ・学べます。

 

我が家では、湖水観賞舟とカヌーを楽しみました。海関連の観光スポットが多い中でのこの森の施設はとても新鮮で、湖水観賞舟からの景色も心癒されます。1日中ここで遊ぶことができるような広さで、小さなお子様でも安心して楽しめる観光スポットです。

 

詳細は『ビオスの丘 体験談』をご覧になってください。

 

体験王国 むら咲むら

 

様々な体験ができる『体験王国 むら咲むら』。
我が家はここで子供たちがシーサー色付け体験をしました。

 

立体的なものに色付けを行うということは日常なかなかないので、子供たちはとても面白かった様子です。自分自身の好きな色にシーサーが染まっていくのがうれしい様子で、何回も『見て見て』を繰り返しておりました。できあがったシーサーは未だに我が家の玄関に飾られております。小さなお子様にも気軽にできるので、お勧めの体験コーナーです。

 

このシーサー色付け体験以外にも、クリスタルビーチアクセサリーやジェルキャンドル作りなどたくさんの体験ができるので、むら咲むらで1日中楽しめちゃいます。

おきなわワールド

おきなわワールド 沖縄

 

ハブのショーや幸運の白ヘビとの記念撮影、スーパーエイサー、沖縄工芸の体験などができる『おきなわワールド』。

 

我が家では白ヘビを首に巻いての記念写真に子供たちは大興奮。スーパーエイサーも見応え十分で、小さなお子様でも見入ってしまうほどの迫力ある踊りです。

 

他には玉泉洞で東洋で最も美しいと言われている鍾乳洞が楽しめる。ただし玉泉洞内は階段があったりするので、赤ちゃんをお連れの家族にはちょっと大変ですね。ベビーカーでの移動は階段などありゆっくり眺めている余裕がなかった記憶があります(おやじ体験済み)。

 

おやじが思うに、この施設はちょっと大きな子供向けの様な雰囲気あったので、小学生以上の家族連れにオススメの観光スポットです。

ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパーク

 

パイナップル大好きな方にお勧めの『ナゴパイナップルパーク』。パイナップルのあらゆる事がこのパークに詰め込まれているといった感じです。

 

もぎたてのパイナップルが食べ放題とあって、パイナップル好きにはたまらないテーマパークです。パイナップル工場もあり、パイナップルをカットしているところを運が良ければ見ることができるかもしれません。

 

パイナップル号というカートがあるので小さなお子さんはこれに乗るととても喜ぶと思います。

アメリカンビレッジ

アメリカンビレッジ 沖縄

 

アメリカンな雰囲気を存分に楽しめる『アメリカンビレッジ』。国道58号を走っていると自然と目に入ってくるほど大きい観覧車が目印となっております。

 

沢山のショップや飲食店があり、映画館、ボーリング場、ゲームセンターなどもあります。ただせっかく沖縄に行ったのですから、どこでもできる遊びはまたにして沖縄特有の遊びをしたほうがいいかも。大観覧車からは沖縄街並みやエメラルドグリーンの海がよく見えるので、家族連れにもオススメです。

 

飲食店もたくさんあるので、どこで食べるか迷ったらとりあえずここに行って探すのもいいかもしれません。

琉球ガラス村

琉球ガラス村
オリジナルのグラス作り体験ができる『琉球ガラス村』。沖縄県内最大のガラス工場とあって見応えは十分!綺麗な琉球ガラスが並んでます。

 

おやじも10年前に作ったジョッキがいまだにあるが、形が歪なだけに独特の雰囲気のあるジョッキとなり未だにお気に入りで夏場は活躍している。琉球ガラスの特徴として鮮やかな色があげられるが、本当に美しいので是非ともオリジナルガラス作りを体験し家で使ってもらいたいです。

 

ただし小学生以上でないと体験できないので注意が必要。

航空券と宿泊予約が一度にできる楽天トラベル